自分の病気を調べる

網膜疾患
(高血圧、糖尿病、高コレステロール)

網膜は全身の中で唯一動脈が直接見える組織で、人間ドックや検診では動脈硬化の判定に眼底写真が使われています。

 

・動脈硬化の眼底

生活習慣病のコントロールが悪い状態が長期間続くと血管が徐々に「硬く」また「細く」なっていきます。

眼底の血管で動脈硬化が進んでいることがわかると、全身の血管にも同様の変化が生じていることが予想されます。生活に支障を来す症状が現れないうちにより慎重な生活習慣病の管理が必要になります。

 

・糖尿病網膜症

生活習慣病の中でも一番網膜に悪い影響を与えるのは糖尿病です。

糖尿病網膜症は重度の状態になるまでほとんど自覚症状がありません。重度に至るまでの間にレーザー治療を行うことができれば視力低下など後遺症が残る可能性を下げることができます。

当院では血糖値の状態に応じて診察の間隔の目安を決めています。

 

血糖コントロール 経過観察期間
HbA1c 6.0~6.9 6ヶ月
HbA1c 7.0~7.4 3ヶ月
HbA1c 7.5~7.9 2ヶ月
HbA1c 8.0~ 1ヶ月

 

血糖値が改善すればその分診察期間が開けられますので少しでもご自身の血糖値に興味を持って、頑張って血糖値を改善していただければと思います。

〒379-2143 群馬県前橋市新堀町1047 前橋みなみモール 〈緑内障治療/レーザー手術〉院長:高橋大樹

眼科 小児眼科

027-290-3733

診療受付時間 日祝
午前
午後

平 日   9:30~12:30、15:00~18:30

土日祝 10:00~13:00、14:30~18:00

*火曜日休診

〒379-2143 群馬県前橋市新堀町1047 前橋みなみモール 〈緑内障治療/レーザー手術〉院長:高橋大樹