自分の病気を調べる

黒い点が見える(飛蚊症)

視界に中に黒い点や糸状あるいは輪の様なものが見える症状を

 

「飛蚊症(ひぶんしょう)」

 

と言います。

 

飛蚊症の原因は病的なものと生理的なものがあります。

 

・病的飛蚊症

網膜の一部に穴が開き、網膜の下の組織の細胞が目の中に舞っているものを見ている場合。

 

網膜剥離」の初期状態なので処置が必要です。

 

開いた穴の周囲をレーザーで堤防のように囲い、穴が広がらないようにします。(網膜剥離予防

処置をしない状態で時間が経つと網膜剥離に進行するリスクが上がるので、症状に気づいてからなるべく早く(できれば当日、遅くとも翌日)眼底検査を受けることをおすすめします。

金曜日に飛蚊症を自覚し、週末様子を見て月曜日に受診したらすでに網膜剥離に進行しており手術になってしまった例も少なくありません。

 

・生理的飛蚊症

○若い人でも見える飛蚊症

目の中は水分とコラーゲンの繊維で構成されています。

若い時から飛蚊症がある人はこのコラーゲンが見えている可能性があります。

 

○一定の年齢(40代〜60代程度)になると見えるようになる飛蚊症

昨日まではなんでもなかったのに、気づいたら輪っかや糸くずのような黒い影が急に見えるようになった。

同時に、周りが暗かったり目を動かした時に視野の端で光が走るようになる症状が起こることがあります。

 

これは網膜にくっついていた膜が網膜から離れ、目の中を浮遊するようになる加齢性の現象が目の中で起こり、目の中に混濁(膜の一部)が発生して黒い影として見えるようになります。

 

年齢とともに確実に起こる現象(白髪やしわと同じ)なので予防することや混濁を改善することはできません。

混濁ができてまもなくは視野の中心付近に黒い点が見えるので非常に気になりますが、しだいに視野の周辺にいる時間が増え、たまに見えるくらいになりますので1年ほどであまり気にならなくなる人が多いです。

〒379-2143 群馬県前橋市新堀町1047 前橋みなみモール 〈緑内障治療/レーザー手術〉院長:高橋大樹

眼科 小児眼科

027-290-3733

診療受付時間 日祝
午前
午後

平 日   9:30~12:30、15:00~18:30

土日祝 10:00~13:00、14:30~18:00

*火曜日休診

〒379-2143 群馬県前橋市新堀町1047 前橋みなみモール 〈緑内障治療/レーザー手術〉院長:高橋大樹