目の病気Q&A

緑内障とは?

Q
緑内障ってどんな病気?
A
視神経が損傷し、視野が欠ける進行性の病気です。白内障と並んで中高年の代表的な目の病気で、最近の大規模な調査では、40歳以上の20人に1人が緑内障をもっていることが予測されています。初期には自覚症状がないため、気づいた時には視野の半分が欠けている状態だったということになりかねません。40歳を過ぎたら一度眼科で緑内障のおそれがないか、診察をうけることをおすすめします。
Q
緑内障ってどうするとなるの?
A
目の中の水が排水されにくい、または排水されない状態になり眼圧が高くなることで視神経が損傷され発症します。残念なことに黄色人種は眼圧に対して視神経が弱く、緑内障患者の9割は眼圧が正常範囲内です(正常眼圧緑内障)。眼圧が正常であっても緑内障の心配がないわけではないということは注意してください。
Q
どんな症状が出たら診察を受けるべき?
A
緑内障は症状が出るのは中期以降です。
一度欠けた視野は治りませんので、ある程度の年齢になりましたら症状がなくても緑内障の検診を受けることをお勧めします。
自治体によっては40歳以上を対象に緑内障検診を実施しているので緑内障検診をする目安の年齢は40歳と言えます。
Q
どんな検査をするの?
A
まず視力、眼圧を測定するとともに網膜の厚さの検査、眼底の視神経の観察を行います。網膜の厚さの検査は緑内障の検出感度が高く、侵襲も少ない検査です。また視野検査も必須です。更に必要に応じて目の中の水の流出路を観察しレーザー治療が有効か否かについて確認します。
Q
どんな治療をするの?
A
初めは点眼薬で行いますが、自覚症状がない状態で点眼を継続するのは目的意識が持ちにくく、モチベーションの維持が難しいのが実際のところです。
当院では、一回で半年から数年の効果が持続するレーザーによる治療を行っています。
Q
治療中はどのような経過観察になる?
A
原則的に診察毎に眼圧を測定し、視神経の状態を観察、通常3ヶ月に1度程視野検査をします。緑内障が進行しているかどうかの判断は視野検査で行います。慢性の緑内障では、点眼薬・レーザーで治療し眼圧を下げます。急性の緑内障では、点滴、内服、点眼薬などで速やかに眼圧を下げ、レーザー照射を行って眼内の水の流れをスムーズにします。それでも眼圧が下らなければ手術が必要となります。

〒379-2143 群馬県前橋市新堀町1047 前橋みなみモール 〈緑内障治療/レーザー手術〉院長:高橋大樹

眼科 小児眼科

027-290-3733

診療受付時間 日祝
午前
午後

平 日   9:30~12:30、15:00~18:30

土日祝 10:00~13:00、14:30~18:00

*火曜日休診

〒379-2143 群馬県前橋市新堀町1047 前橋みなみモール 〈緑内障治療/レーザー手術〉院長:高橋大樹