自分の病気を調べる

ゆがんで見える

まっすぐのはずの車線がゆがんで見える。障子の格子が曲がって見える。

このような症状がある時は網膜に異常がある可能性があります。

OCT(光干渉断層計)は網膜の病変きれいに映りますのでゆがみの症状がある方はご相談ください。

 

・網膜前膜(黄斑前膜)
 網膜に本来はないはずの余分な膜が張ってしまい、網膜を歪めてしまう病気です。
 ゆがむだけでなく視力低下の原因にもなります。
 
 根治療法は手術ですが、手術を受けるかどうかは症状の有無やご本人の希望により相談は可能ですのでまずは現状をご本人と共有するところから始めます。

 

・加齢黄斑変性症
 テレビなどで話題になることが多い病気です。加齢やたばこが原因で網膜の中で出血が起こり視力が低下する病気です。
 早期発見早期治療ができると視力予後を改善する可能性がありますので、早めの受診をお勧めします。

 

・糖尿病黄斑浮腫
 糖尿病網膜症の症状の一つです。「黄斑」というのは網膜の中で最も感度が高い部分のことで「視力」を担っています。黄斑に浮腫が生じるとものがゆがむようになり視力が低下します。

 

・中心性漿液性脈絡網膜症
 非常に長い病名ですが、40代の男性に見られることの多い病気でストレスが原因とされています。基本的には内服で治療を行いますが、改善しない場合はレーザー治療が必要になることもあります。
 再発することも多く、放置すると治療を行っても視力が回復しない状態になることがあるので注意が必要です。

〒379-2143 群馬県前橋市新堀町1047 前橋みなみモール 〈緑内障治療/レーザー手術〉院長:高橋大樹

眼科 小児眼科

027-290-3733

診療受付時間 日祝
午前
午後

平 日   9:30~12:30、15:00~18:30

土日祝 10:00~13:00、14:30~18:00

*火曜日休診

〒379-2143 群馬県前橋市新堀町1047 前橋みなみモール 〈緑内障治療/レーザー手術〉院長:高橋大樹